ゴールデンヨット でサワードウブレッドを焼いてみる 2


前回、微妙に上手く行かなかった、ゴールデンヨット を使ったサワードウブレッド 。

ゴールデンヨット でサワードウブレッド を焼いてみる。

もう一度、というか、今自宅にある強力粉が大量のゴールデンヨット なのでしばらくは、こればかりになるのですが、前回焼いてみた感想としては、とにかく生地が良く伸びる!という事でした。僕の好みからすると、少し伸びすぎると言っても良いぐらいでした。なので、今回は少し水を減らし、初めの水和の時間を短くしたり、最終発酵の時間を短くしたりして、あまり発酵させ過ぎず、生地が柔らかくなり過ぎないようにと考えながらやってみました。それと、最後のクープも深めに入れてみました。

材料:

参考:
  • 日付 2020年4月29日
  • 室温 21℃
  • 湿度 34%

水和の時間を前回は1時間ほど取りましたが、今回は30分で切り上げ、1回目のストレッチ&フォールドもスターターを混ぜてから30分後に。そして、バスケットに入れてからの最終発酵も前回は4時間ぐらい放置していたのを、今回は2時間半ほどにしてみました。

結果としては、前回よりも少し上手く焼けたというかんじでしょうか。ただ、やはり成形が難しく、膨らみのバランスが悪いです。ちなみに、妻は、同じ粉を使って、パネトーネ菌で膨らませる食パンを焼いています。今度はそのパンを番外編で紹介してみたいと思います。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment

CAPTCHA