はじめての、サワードウブレッド 

ある友人に小麦粉と水だけで作る、自然発酵のパンについて話を聞いたのをきっかけに、突然にサワードウブレッドに取り憑かれてしまいました。このサワードウブレッドの魅力は、何と言っても、小麦粉と水だけで作ることが出来るというシンプルな点にあると思います。小麦粉と水だけで、パンの生地がむくむくと膨らみ、香ばしい本格的なカンパーニュが焼けた時の幸せは何とも言えないものがありました。

サワードウスターターと呼ばれる、酵母を起こすところから、ちょっとしたアレンジまで順に紹介しています。これから、自宅でパンを焼いてみたいと思っている人や、サワードウブレッド を作りはじめたけど、上手くいかないなと思っている人。他にも、色んなパンを焼いてみたいと思っている皆さんの、ちょっとした参考になればと思います。

もし、上手くいかないけど、どうしたら良いかな?という事や、こんなパンが焼けたよ!とか、質問や感想など頂ければ嬉しいです。
Step1. サワードウ スターターを起こす
サワードウブレッド を焼くには、まず酵母(サワードウ)を起こさなくてはなりません。サワードウはとてもシンプルな酵母で、水と小麦粉を混ぜるだけで、5~7日で酵母が出来ます。

一度酵母が出来てしまえば、あとは水と小麦粉を継ぎ足しながら、何度でもサワードウブレッド を焼く事が出来ます。
Step2. はじめてのサワードウブレッドを焼く
十分スターターが膨らんだら、早速サワードウブレッド を焼いてみましょう。サワードウブレッド はあまり捏ねる必要がありません。材料を混ぜたら、あとはゆっくりと生地が膨らむのを待つ。(小麦粉+水+酵母) x 時間、このとてもシンプルな方法で、本格的なカンパーニュが焼けてしまいます。

下のリンクでは、動画を交えながら、生地の混ぜ方から焼くところまで、基本となるサワードウブレッドの焼き方を説明しています。
Step3. 色々なサワードウブレッドを焼いてみる
サワードウブレッドを何度か焼いてみると、小麦粉の種類や気温などちょっとした変化で、膨らみ方や風味が全然違うことに驚きます。強力粉だけで焼いてみたり、全粒粉やライ麦粉を混ぜてみたり、ナッツやベーコンを混ぜるのも美味しいです。

皆さんも是非色々とトライしてみて下さい。過去に作ったサワードウブレッドのレシピをまとめて載せています。参考にしてみて下さい。
Step4. 色々な模様でクープを入れてみる
ハード系のパンに入っている切れ込み。クープとかスコアリングと呼ばれるあれを、どんな風に入れるのか。サワードウブレッドを焼き始めて慣れてくると、色々試したくなってくきます。

表面が綺麗に割れる、クープを入れる時のちょっとしたコツと、これまでに焼いたサワードウブレッド を紹介していますので、参考にしてみて下さい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment

CAPTCHA